風邪の予防と風邪を引いてからのオススメ薬膳食材

こんにちは、トモコです。

うっかり風邪をひいてしまいました。

12月の気温差があまりにも激しかったので、体調崩した方も多いのではないでしょうか?

明日の朝は3度の予報、急に寒くなりすぎですよ〜

風邪の予防はとにかく、暖かくする。

寒邪が入ってこないように気をつけることにつきますね。

 

忘年会シーズン、先週の土曜日はダブルヘッダーで、昼も夜もアウェイな飲み会で緊張しました。

たくさん飲んではいないんですが、昼の忘年会終わってから急に腹痛が。

夜の部が終わってからは、家に着くなり、倒れるように寝て、起きたら8時。

なんと11時間も寝てしまいました。

体だけは大事にしないとです。

 

立冬から立春までの過ごし方は、大雑把に言えば、

早く寝て、ゆっくり起きる

お酒を控える、考え事をしない、ゆったり過ごす。

冬眠が一番です。

冬に忙しくしてしまうと、どうなるのかというと...

一気に老け込むんですよ!きゃー!!!

そうはいっても、師走と言われる時期ですので何かと忙しいですね。

余計に風邪をひくとこじらせて長引いてしまいます。

肺の養生と合わせて、腎の養生も必要です。

 

具体的にこの時期のオススメの食材は、

肺を養生する山芋、百合根、銀杏、白木耳、梨、松の実がオススメです。

 

風邪をひいてしまったら、鼻水が透明であればネギや生姜

鼻水が黄色であれば、白菊、白ゴマ、ミントがいいですよ。

私は、これの他に葛にドライ生姜を入れて飲んでいます。

関節の痛みが取れていい感じです。

本物の葛はかなり高級です。葛根湯の元になるものです。

これで、病院に行かずに治してみよう!というのが、今回の試みです。

 

腎の養生としては、温める食材で山芋、蓮の実、クルミ、ニラ、ブロッコリー、

エビ、栗、クローブやフェンネルがいいですよ。

まずは、自分の養生しなさいよ!と言われそうなので、この辺で。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー