秋バテしてない?食事で夏からの疲れ対策をしよう!

こんにちは、トモコです。

夏の疲れって、なんで出るんでしょうね?

暑いから?湿度が高いから?

そうですね。

それもありますが、お腹が弱っている人や、むくみ体質の人、暴飲暴食、睡眠不足、過労、冷房に当たりすぎは夏の疲れを秋に引きずってしまう可能性が大です!

夏に冷たいものをとりすぎた人やエアコンの中でずっと過ごしていた人は、皮膚が弱くなってしまうんですね。

そして、8月下旬から9月にかけて体調を崩しやすくなります。

その状態はさらに冬へ持ち越し、ずっと調子が悪い状態が続くんですよ。

夏の間にこんな状態ありませんでしたか?

全身のだるさやむくみ、倦怠感、食欲不振、吐き気、下痢や便秘、思考力や集中力の低下、睡眠障害、頭痛、めまいなど。

これを秋まで引きずると、秋バテとなります。

一時的であれ、気候の影響は受けているかと思いますので、食事でしっかり対処をしておきましょう。

ここからは、秋バテ対策を症状別に4つに分けておすすめの食材と薬膳茶をお伝えします。

レシピについては、別記事でご紹介させていただきますね。

秋バテ対策①むくみ体質で頭が重い、腹痛や下痢などがある人

お腹が弱い体質で、身体に水分を溜め込みやすいですね。

髪が濡れたまま寝るようなことは絶対にしないようにしましょう。

毛穴がおかしくなって、汗のコントロールができなくなってしまうんです。

そして、ビールもNGですね。

ビール好きな方は気をつけましょう。

食事も身体を温める食材と利尿効果のある食材がおすすめです。

温める食材は、鶏肉にらねぎにんにくコショウフェンネルシナモンクローブです。くるみエビ松の実羊肉なども体を温めるのを助ける作用があります。

利尿作用(あるいは利水作用※)のある食材は、次のとおり。

きゅうり、緑豆もやし、ハトムギ、冬瓜、とうもろこし、小豆、黒豆、大豆、枝豆、緑豆、わかめ、こんぶ、のり、トマト、ナス、ゴーヤ、冬瓜、かぼちゃ、筍、アスパラガス、ウド、セロリ、グリーンピース、そら豆、いんげん豆、大根、れんこん、じゃがいも、パクチー、いちご、パイナップル、キウイ、さくらんぼ、あんず、びわ、スイカ、なし、ぶどう、アサリ、シジミ、ハマグリ、鴨肉、チャノキからできたお茶全般、ココア、コーヒーなど。

※ただ利尿するのではなく、余分な水分のみを排出する作用。体に水分が足りないときは水分を足す方に働く

このタイプの人におすすめの薬膳茶は、利尿作用の高い小豆茶トウモロコシのひげ茶、温める作用の高い生姜紅茶桂花紅茶(金木犀の紅茶)です。

秋バテ対策②女性に多い、肌プニョプニョでシワができないタイプ

疲れやすく、食欲不振、脂っこいものが食べられない、倦怠感があり、もともとお腹が弱いか食べ過ぎ傾向の方です。

このタイプの方はお腹を元気にする食事を意識して、利尿効果のあるものも食事に取り入れるといいですね。

お腹を元気にする食材は、穀物類イモ類豆類きのこ類人参キャベツブロッコリーカリフラワーなどがいいですね。

それも、ただ食べるだけではなくて、ひとくち30回を目安に噛んで食べると胃腸に負担がかからず、お腹が元気になります。

利尿作用は1のタイプの方と同じです。

また、消化を助けるサンザシを入れたプーアールサンザシ茶がこのタイプに合った薬膳茶です。

秋バテ対策③男性に多い暑がりさんで、身体に熱がこもってしまっているタイプ

喉だけ冷ましたくて氷水を欲しがるような感じです。

体の表面は暑いですが身体の中が冷えてメタボになる可能性が高いです。

吐き気や嘔吐、口が苦い、口が粘つく、尿が黄色っぽい、目や肌が黄色っぽい、汗が臭う。

このようなタイプの方の食事には、熱を冷まして湿気を取る食材がおすすめ。

熱を冷ます食材としては、白菜せりズッキーニセロリトマトきゅうりゴーヤこんにゃくりんごスイカバナナ豆腐小麦アサリシジミハマグリなどがおすすめです。

ズッキーニセロリシジミなどは1と同じく利尿作用がある食材なので、うまく食事に取り入れると一石二鳥ですね。

このタイプの人にいい薬膳茶は、ゴーヤ入り緑茶ですね。

ゴーヤも緑茶も、どちらも苦味で余分な熱をとってくれる食材です。

また、薬膳茶というより健康茶ですが、ドクダミ茶ハブ茶も、体の熱を取り余分な水分を排出してくれます。

秋バテ対策④疲れやすく、熱中症になりやすいタイプ

風邪を引きやすい、少し動いただけですぐ汗をかく、胃もたれしやすい、寝汗をかく、ほてりやすいなど。

このタイプの方は、体内に必要な水分が不足気味です。

秋バテ防止のため食事に取り入れて欲しい食材は、クコの実いちご小松菜鴨肉牛乳牡蠣ムール貝ゴマ松の実白きくらげじゃがいも人参アスパラ枝豆山芋豚肉カキホタテアワビスッポンなどですね。

パワーがあるのはなつめです。

よく煮出して飲むと効きますよ。

このタイプに合った薬膳茶は、はちみつ入り豆乳(練りゴマ入り)などですね。

はちみつも豆乳もゴマも、すべて体に潤いを補給してくれます。

4つの症状から食事で秋バテ対策する方法まとめ

ここまでで、あてはまる症状はありましたか?

秋バテせず快適に過ごすためにも、夏からの食事でのケアを忘れずおこなっていきましょう!

詳しく知りたい方は、オンラインでも参加が可能なワークショップに是非ご参加ください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー