ウツウツするのは季節のせい。そういうものと割り切って!

こんにちは。トモコです。

春先はイライラ、そして夏に向かってウツウツするという経験はありませんか?

 

これは、季節のせいなんですよ。

自然界の影響を受けているだけですから、うまく乗り切りましょう!ということです。

気持ちがマイナスな状況になりがちな夏は、陽気で心臓に負担がかかっているんですよね。

そんなときに、私はもうダメだ。死んじゃうかも〜って思ってしまうかもしれません。

 

ですが、この季節を乗り越えさえすれば、あの時の感情は一体何だったんだろう??ってなります。

 

要するに季節のいたずらです。

とは言えども、そういうふうになる人とならない人がいるわけですが、

心臓に負担がかかりすぎないように、皆さん養生をしてほしいと思います。

おすすめの食材は、ゴーヤ、イワシ、小豆、緑豆、ナツメなどですね。

もやしや、緑豆春雨もOKですよ!

 

軽いウツウツならいいのですが、重症化すると心療内科のお世話になることになります。

できるだけ、軽いうちに改善したほうがいいですよ。

理由はプロフィールに書いてありますので、気になる方はお読みください。

 

 

7月の後半と言えば、土用期間でもありますので、特にバランスを崩しやすいです。

脾(ひ)の養生も忘れずに。

脾は湿気に弱い臓器ですから、水の代謝をよくすることが大事です。

胃腸を元気に過ごさなくては、栄養の消化吸収ができなくなり、体の不調に繋がります。

穀類、豆類、イモ類、キャベツ、かぼちゃ、などがおすすめです。

 

精神的なことは、肝臓も関わっていますので、落ち込みが激しい場合には激辛ものは控えましょうね。

肝臓を余計傷つけてしまいます。

このように、ぞれぞれの臓器はつながっていて、影響しあっています。

原因はどこから?を探っていくことが改善の近道です。

薬に頼らず、病気を未然に防ぐ薬膳を是非取り入れてみましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー