【実体験】腸活は効果ない!?酵素が腸内環境に効果的なのか、薬膳メンタルセラピストが自分の体で人体実験!

皆さんは腸活に興味がありますか?

便秘に悩む女性は特に、腸活を通じて腸内環境を整えたい方も多いのではないでしょうか?

そんな腸活は効果ないのでしょうか?それともあるのでしょうか?

実体験を踏まえながら解説していきます♪

良好な腸内環境は「腸内フローラ」にあらわれる

腸活が効果ないかどうかを判断する前に、まずは「腸内フローラ」についてご紹介♪

腸内には1000種類ほどの細菌がいて、それぞれが腸内の壁面にくっついています。

この様子がまるで花畑なので、「腸内フローラ」と呼ばれるように♪

フローラは「FLORA」、花畑という意味なんです!

腸内細胞の種類と役割

腸内フローラを形成する腸内細胞には、免疫細胞の7割が存在しています。

腸の調子が悪くなると免疫も下がり、外部の細菌の影響も受けやすくなります。腸は私たちの健康に直結する臓器なのです。

腸内細胞は、善玉菌悪玉菌日和見菌3つでバランスを保っています。

善玉菌は体に良い影響を与える菌で、悪玉菌は有害物質を作ったり、腸内のものを腐らせることもありますが、消化吸収や免疫機能を高める働きも担っています。

腸内環境で最も割合が多い日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらをサポートするか決めかねている存在。結果的に悪玉菌としての割合が増えると、腸内のバランスが崩れ、便秘などが起きやすくなります。

腸内フローラを健康に保つ方法

腸内環境は食生活をはじめとした生活習慣の乱れで悪化します。

そうすると免疫系の病気に繋がる恐れも…!

健康面のリスクを回避し、良い状態の腸をキープしたいなら、ぜひ腸活を始めましょう!

腸活で大事なのは、食生活を見直すこと

特に水溶性の食物繊維オリゴ糖を意識して摂るのがおすすめ♪

摂る発酵食品の種類を増やすのも良いですね。

発酵食品は納豆お酢味噌ヨーグルトパンチーズワインなどが挙げられます。

これらの発酵食品は微生物が物質を変化させ、体内で良い働きをします。

健康な体づくりに欠かせない、酵素のメリット

酵素は、腸活をはじめ、ダイエットをサポートしたり、自律神経、ホルモンバランスを整えるといった効果が期待できます。

「効果ない」と思われているかもしれない腸活ですが、酵素を取り入れることで、より確かな効果が期待できますよ!

ただ、体内にある酵素は、単体では機能しないため、「補酵素」も一緒に取り入れていきましょう!

おすすめは「コエンザイムQ10」!

こちらを一緒に摂ることで、より酵素が働きやすくなりますよ♪

そんな私は元々野菜好きで、ある時無農薬で国産の20種類の野菜、葉や根、芋類のみを使用している酵素を見付けて、早速飲むことに♪

野菜についた微生物の力を活用して自然発酵しながら作っているもので、これが一番体に合っていると感じました。

今では15年以上愛用しています。

今まで腸活をして「自分がした腸活の方法では効果ないと思った」と諦めていた方は、完全無農薬の酵素をぜひ試して、腸内環境を整えてみてください。

【実体験】腸活で酵素は本当に効果ないのか試してみた

酵素が本当に腸活に良いか気になって、ある時、私は一旦酵素を摂らないことがありました。

すると体調がどんどん悪くなって、下痢や肌荒れで大変なことに…!

分かってはいましたが、腸内環境が悪くなると体全体が不調になるんだと改めて実感(>_<)

現在はまた酵素を飲み始めて調子も良いです♪

摂り始めて1ヶ月で元の状態に戻りました

酵素を摂り始めると、大体2週間で腸に変化が訪れます。

変化が分からない時は、腸と相性が良くないのかもしれません。

判断する基準は2週間♪

まずは続けてみることが大切です。

もっと詳しく知りたい方は、是非ワークショップに参加してみて下さいね!

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー