完全無農薬酵素で腸活すると肌もキレイになる!

こんにちは、トモコです。

今日は、腸についてのお話。

あなたの腸は元気ですか?ん?便秘がち?

便秘は女性に多いですよね。

一般的に男性より女性の腸は長いと言われています。

腸内フローラって何?

まず、最近よく聞く、腸内フローラからお話していきますね。

腸内にはたくさんの腸内細菌がいます。

その数は600〜1000種類ともいわれています。

この腸内細菌は腸内の壁面にびっしりとくっついていまして、

まるでお花畑のようなんです。

フローラ(FLORA)っていうのはお花畑の意味です。

ですので、腸内フローラって呼ばれているんですよ。

腸の役割って?

腸は消化、解毒、吸収、免疫、浄血、排泄、合成の役割があります。

全身の免疫細胞のうち約70%が腸内にあるんですよ!

腸は内なる外の臓器とも言われていまして、

外界から口→肛門まで1本の管で繋がっています。

ですので、免疫力が低下していると、外からの影響をもろに受けてしまうのです。

先ほど、腸内細菌について触れましたが、腸内細菌は大きく3つにわけて考えていきます。

  • 善玉菌(20%)
  • 悪玉菌(10%)
  • 日和見菌(70%)

 

これが、理想的な腸内フローラのバランスです。

善玉菌は、人間の体にいい働きをする菌です。

そして、善玉菌というのは、悪玉菌がいてこそ効果を発揮します。

悪玉菌は腸内のものを腐らせたり、有害物質を作り出す菌です。

しかし悪玉菌の役割は悪いことばかりではないのです。

消化吸収、免疫機能をアップさせてくれるのですよ。

日和見菌は善玉菌の味方をしようか、悪玉菌の味方をしようかうろうろしています。

悪玉菌が多くなってくると、このバランスが崩れますから便秘してしまうんですよね。

便は体内からのお便りです。同じ字を使っていますでしょ?😄

腸内フローラの状態は便を見ればわかるのです。

フローラが枯れるとどうなるの?

お花枯れちゃうの??

自然界のお花が枯れるのと同様、腸内フローラも枯れるんですよ。

加齢、クスリ、睡眠不足、過労、運動不足、酒、タバコ、強ストレス、食生活の乱れなど

思い当たることありませんか?

フローラが枯れてしまうと、免疫系の病気に直結します。

例えば、ガン、風邪、アレルギー、鬱、高血圧、心臓病などです。

 

それから、酸化した油や、トランス脂肪酸、食品添加物を取ると、かなり影響します。

世界中溢れすぎて、入っていないものを探すのが大変なくらいですよね。

私は個人的に、極力外食をしないとか、マーガリンの入っているものや、食品添加物の入っているものを買わないようにしています。

そうなると、すべて手作りしなくてはいけないのです。

とても大変です。

ですが、自分で作った方が美味しいので楽しむようにしていますよ。

腸内フローラのバランスを保つために

まず、大切なことはバランスの良い食事を心がけることです。

そして、水溶性食物繊維やオリゴ糖を多く取るといいですよ。

また、多種類の発酵食品を食べるようにしましょう。

日本には優秀な発酵食品がありますよね。

納豆、お酢、醤油、味噌、みりん、日本酒。

それからヨーグルト、キムチ、パン、チーズ、ビールやワインなども。

発酵というのは、微生物の働きで物質が変化し、人間の体に良い働きをしてくれることなんです。

 

食べ物についた微生物自らが持つ酵素

      ↓

でんぷんやタンパク質を分解

      ↓

アミノ酸や糖分などを作る

 

発酵食品の他、生の野菜、果物、肉、魚などから作られるものを食物酵素と言います。

これらは体の外にあります。

 

反対に体内で作られる酵素は消化酵素と代謝酵素です。

消化酵素は食べ物を消化吸収するための酵素

代謝酵素は新陳代謝、有害物質除去、自然治癒力、免疫力に関係する酵素

これらは、生命にとって主役であり、源なのです。

体内酵素の役割

体内酵素は、人間にとって欠かせないものであることがお分りいただけたと思いますが、具体的にどんな役割をしているのでしょうか。

  • 自律神経を整える
  • ダイエット効果
  • デトックス
  • ホルモンバランスを整える
  • 消化吸収や新陳代謝
  • 血液サラサラ
  • 免疫力アップ
  • 自然治癒力
  • 腸内をキレイに

 

体内酵素がいかに大事かわかりましたね!

しかし、体内酵素は年齢とともに減ってしまうんですよ。

40代で50%、60代では30%に...きゃ〜!!

恐ろしい数値にびっくりしました。💦

こうなったら補うしかないですね。

体内酵素は、単体では機能しませんので、補酵素というのが必要になります。

補酵素で有名なのはコエンザイムQ10です。

その他、先にも出ました野菜、果物、発酵食品、要するにビタミンやミネラルが必要ということです。

最近流行りのスムージーがいいとも言われていますが、薬膳的に言いますと、生野菜は体を冷やします。

それから、冷やす食材、温める食材を見極める必要があるんですよ。

しかも、日本人は胃腸が弱い人が多いです。私もですが。

量を食べられないから、胃腸にいいものを取るといっても全然足りない。

皮や根に栄養があるのに、農薬が気になる。

色々と問題がつきません。

そこで、完全無農薬の国産原料だけを使った酵素を飲むことにしました。

(20種の野菜の葉や根、きのこ、芋類を使っています)

  • 野菜に付着した微生物の力のみで自然発酵
  • 昔ながらの職人がしっかり管理
  • ミネラル豊富な黒糖を原料に使っている(黒糖は体を温めます)

 

かれこれ17年愛用していますが、腸の状態はとてもいいです。

人体実験をしてみました

今年の春から愛用酵素を一旦やめてみました。

結果どうなったか??

徐々に体調が悪くなり、夏は1ヶ月下痢をして、

肌はボロボロになったのでした。😭

腸の状態が悪いと何もかもが不調になるんですね。

同僚や先輩からはよくそんな実験するよね?私にはできないって言われました。

何事も体でわかるのが一番だって思ったものですから。💦

そして11月にまた飲み始めたところ、快腸です!

肌もシミが目立ち、シワっぽくなっていたのですが、

1ヶ月で戻ってきましたよ。

腸はだいたい通常2週間で変化が出ます。

変化が出ない場合は腸との相性がよくない可能性があります。

乳酸菌は特に相性が大切ですので、まずは2週間は続けることが必要です。

ヨーグルトも種類によって相性がありますからね。

3ヶ月も経つと腸内環境が変わってきます。

 

ちなみに、便を出しさえすればいいという話ではありませんよ。

下剤で便通を良くするというのは、腸内環境をよくすることにはなりません。

腸が元気であることは、消化と吸収がしっかりできることを意味しています。

栄養無くして肌はキレイになっていきませんから、お間違えのないように!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー