秋の肌荒れをどう防ぐ?対策を知ると肌はきれいになる!

こんにちは。トモコです!

急に涼しくなって来ましたね。

ようやっと暑い夏も終わりかなと思う時期になりました。

過ごしやすい反面、空気が乾燥してくるので夏と同じスキンケアや食事では、シワが増える、赤みが出る、かゆみが出るといった肌トラブルになってしまいますよ。

 

肌は保湿が必要なのは言うまでもありませんが、体内の保湿はどうしたらいいと思いますか?

体内を潤す食材を摂っていくといいんですね。

水を飲むだけでは身体は潤いません。

 

では、体内を潤す食材とはどんなもの?

秋におすすめの食材というのは、レンコン、梨、山芋、白ごま、白きくらげ、松の実、銀杏、はちみつなどです。

これらは肺を潤す食材でもありますが、肺と肌は繋がりが深いので、これらの食材を摂っていくと、必然的に呼吸器系や鼻なども潤ってくるのです。

そして、注意が必要なのですが、これらの食材は同時に体内に湿気を溜め込むものでもあります。

むくみが出てしまっては太るもとです。

潤しながら、身体の水分代謝の機能を強化しなくてはいけませんので、大忙しですね。

少量の生姜を取り入れて少しだけ発散させるといいですよ。

取りすぎると肌が乾燥して肌荒れのもとになるので、あくまでも少量で!

きれいなお肌づくりのために体内のケアも忘れずに!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー