ワインと美味しい薬膳
ワインと美味しい薬膳

こんにちは。トモコです。

今日は冷え対策について。

あなたは、足腰が冷えてつらいという経験はありませんか?

私は常に冷えてましたね。

これ、放置すると良くないんですよ。

女性は特に冷え性さんが多いですね。

冷えの影響がどこに行くかと言うと、女性にとって大事な子宮に影響が出ます。

私はこの冷え対策を怠ったために、大きな子宮筋腫ができ、開腹手術をしなくてはいけなくなったんです。

大きさにして、赤ちゃんの頭2つ分入ってました。

こうなる前に病院にいったんですけれど、様子見ということで帰されました。

そして、半年後に急激に大きくなって、手術しなくてはいけなくなったんです。

身体に傷があるって嫌ですよね。

そして、手術後に別の病院に行きましたら、筋腫ができやすいからピルを飲むように言われ、それもかなり高額でした。

さらに、子宮内膜症もあるからと言われました。

これらすべて、冷えが関係してるんですよね。

女性は本当に気をつけてほしいです。

子宮に問題があると不妊症になってしまいますからね。

そして、この不妊症も治療にはストレス溜まるんですよ。

私は検査だけで嫌になりました。

時間もお金もかかりますからね。

 

そんな冷えをなんとかできないの〜〜????

あまり時間とお金をかけずに改善することは可能ですよ。

薬膳での解決は陰陽についての記事にも書きましたので、

ここでは、手っ取り早く外から温める方法です。

それは足湯!

理由として、長時間身体を温めても疲れないのです。

お風呂に長時間はいると心臓に負担がかかるんですね。

※ちなみに心臓に負担をかけすぎると、睡眠の質が悪くなります。

 

さあ、それでは効果的な足湯方法について解説しましょう。

 

まず、お湯は足首と膝の間くらいまで入れます。

時間は最低30分。

膝が冷えないようにひざ掛けがあるといいです。

足湯が終わってから足をすぐふけるようにタオルも準備してね。

そしてもう一つ、30分も足湯をしてるとお湯がぬるくなるので、熱いお湯を準備していつでも足せるようにしておく。

たし湯するときには、やけどに注意してください。

冷えがひどい人は朝晩やるといいですよ。

めぐりが良くなってくると体の調子も良くなりますし、汗がでると詰まっているものが抜けていく感じがしてくるでしょう。

 

バケツの深さはこのくらいが理想ですね。
←画像をクリックすると詳細が見られます。

商品自体は、検索すればたくさん出てくるんですが、よく見ると結構浅いんですよ。

最初からバケツにたっぷりお湯を入れてしまうと、冷めたときにお湯が足せないという...

このバケツは、以前リフレクソロジーやってもらったときに使っていたのを見ていいなと思っていました。

お湯が冷めにくいので、たし湯をそんなにしなくてもいいんだそうです。

私は、プラスチックのを買ったらすぐに冷めてきて、どんどんお湯を足すんですが、終わってからが大変。

なんせ、重いんで💦

こういう深型のものは、大きいので場所を取るというのが難点ですね。

それでも、冷えを解消するために足湯はやってほしいです。

私は汗が出にくいタイプなんですが、今年は人並みには汗が出たなと思います。

足の冷えはむくみにも繋がりますし、むくみは足が太くなっていきますから要注意です。

体質改善のために頑張っていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Twitter でフォロー